〔初秋の信濃路 -3-〕 続・渋温泉「癒しの湯 かどや」と外湯めぐり

2014-09-14 : 山梨・長野の湯
14geta.jpg

お宿に用意されていた、外湯めぐり用の下駄
シンプルだけど味があっていいなあ

外湯の入り口で、この下駄ばかりを見るので
「かどや」のお客さん、やたらと多いなあと思っていたら
渋温泉のお宿共通の下駄だった

それもまた、一体感があっていいね




さて

お部屋でひと息ついたら、外湯めぐりの続きにでかけまーす


14rouka0.jpg

階段で地下へ降りて、長い地下通路をずっと進んでいくと


14uraguti.jpg

そこは、裏玄関

ここを出ると、外湯のある商店街の通りになっている
反対側の、川沿いにある表玄関のほうが、高いところにあるのだ
表玄関と裏玄関で、建物2階分ぐらいの高低差がある!

外へ出て、上がったり下りたりはたいへんそうなので
この地下通路は便利だったよ


14sibumichi.jpg

渋温泉の街並み

渋いっ (@o@;) エッ

山あいの小さい街
石畳に下駄の音がカラコロして風情があるよ


14tamago.jpg

温泉卵はぜったいおいしい





ところで

14kigan1.jpg

いつのまにか、彼がホテルのフロントで入手していた
「祈願手ぬぐい」


14in.jpg

各外湯の表に「朱印」が設置してあって
手ぬぐいに押していくのだ


14syuin.jpg

こんな感じ
スタンプラリーだね

九つのお湯をめぐった後に
この温泉街の上にある「渋高薬師」へ参詣して
そこで印受をすると、満願成就する、というわけだ







さて、めぐろう♪


14shinan.jpg

各お湯には「入浴指南」が貼ってあるよ
そうそう、熱いんだよね~

水道の水を出して、その横にいないと
入っていられないぐらいの熱さのお湯もあるよ

ほかの温泉地でも、外湯はやっぱり熱いよねー
まあ、ぬるかったらオハナシにならないけどさ
なんたって、100%源泉かけ流しだもんね (*´∀`人)

で、その水道を、ちゃんと止めてから出ましょうね
とかいうようなことが、「入浴指南」に書かれてるの





1441.jpg

「四番湯 竹の湯」



1452.jpg

「五番湯 松の湯」



1461.jpg

「六番湯 目洗いの湯」



1471.jpg

「七番湯 七操の湯」



だんだんと人が多くなってきたよ
脱衣所は狭いからたいへんだ~

浴衣をぱっとぬいで
お湯につかり(熱いっ)
ぐっと温泉を感じたら
さっと浴衣を着て
出る

その間、10分弱
早ければ5分ぐらいかな

浴衣でまわるのが正解だね



そして

1482.jpg

「八番湯 神明滝の湯」


1481.jpg

おお、いいね
渋い~

ここはまた、ひとりだったのでゆっくり入った♪



最後の9番目は
明日の朝風呂に残しておこう、ということで

お宿へ戻りまーす







裏玄関の近くにあったので

14kadoyahujin.jpg

そのまま、お宿の内風呂へ


hinoki_20150619171439fd8.jpg
(かどや HP より)

「檜風呂」だ

よくある温泉旅館の大浴場を思うと、かなり小さい
ずっとまわってきた外湯の、ひとまわり大きいバージョンという感じ

華やかさはないけど、本格感満載だよ
ここも、緑っぽい半透明のお湯

渋温泉にあるお宿は、外湯同様
すべてが100%源泉かけ流しなんだって










温泉に入りまくったあとは

夜ごはんだー!


14yoru.jpg

お食事処にて

一気に並ぶと、多いのか少ないのかよくわからない
(この場合、たいていはとっても「多い」)

お昼ごはんは少し遅めだったけど
温泉は体力つかうもんねー
モリモリ食べたよ


14yorusoba.jpg

シメのお蕎麦がウレシイ
茶そばだって


おいしかったでーす (*´∀`)







お部屋に戻って

14yoruringo.jpg

温泉街で買ってきた
「りんごワイン」でまた乾杯 ヽ(*゚∀゚)▽▽(゚∀゚*)ノ

今朝から、信州りんごにはまっているのだ





お腹いっぱいで、ほろ酔いになったので
お布団にパタリ ヽ(´Д`*)ノ



が!

がんばって起き上がり



予約していた「貸切風呂」へいくよ


14kasikiri1.jpg

不思議な形をした内風呂と


14kasikiri2.jpg

露天風呂があるよ~



「かどや」には、源泉がふたつあって

夜ごはん前に入った
「檜風呂」と「高原風呂」(男女入れ替え制)は
「弱アルカリ性塩化硫黄高温泉」

この「露天風呂」は
「弱酸性含鉄分塩化硫黄高温泉」

φ(・_・ ) ふむ

近い場所から湧いていても、何かが違うんだねえ



それぞれの湯温は

90℃ と 70℃ Σ(@o@;)

そりゃー、熱いはずだ




温泉にいくと
毎回、こんなに入って大丈夫なのか、というくらい入るけど
大丈夫だ!
(北国では、たまに風邪をひくことがある ( ・_・) )

パワーの源なのだ



温泉宿の夜は、とーっても深く眠れるよね
あっという間に朝

やっぱり、睡眠にはお風呂がいいんだなあ




では、ぐっすり眠って

明日も入るぞ~










〔初秋の信濃路 -4-〕へ


















関連記事
スポンサーサイト

FC2*レシピブログ集


人気ブログランキング*おうちごはんブログ集

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村*おうちごはんブログ集


レシピブログ:ぷよりんごのレシピブック
ぷよりんごのレシピブック

クックパッド:ぷよりんごのキッチン
レシピエール*ぷよりんご のキッチン



   
2014-09-14 : 山梨・長野の湯
Pagetop
« next  ホーム  prev »

profile

 ぷよりんご

Author: ぷよりんご

気ままな日々を送るうちに
すっかり確立したへなちょこ生活

積年の自炊ゼロからついに料理に目覚めるも
腕もセンスも驚きのへなちょこぶり
それでも毎日へなちょこなごはん「へな定」を
試行錯誤と思いつきで作成中

まったりふたり暮らし
美しく暮らす友人やブロガーさんたちの
憧れの「おしゃれな素敵生活」を鑑賞しつつ
へなちょこ生活を楽しんでいます

料理サイトや人気ブログのレシピに挑戦したり
時折へなちょこですが簡単レシピもUP
旅と温泉も

since May 2013


おすすめブログ

search

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive