〔2015夏休み・おんせん県大分 -3-〕 湯布院温泉~由布岳と湯布院観光と「小鳥のたより」

2015-11-01 : 2015夏休み・おんせん県大分
00_20151112165109a11.jpg




11/1、午後
別府から湯布院へと移動です





( ・_・) ン?



湯布院

由布院?



変換では両方でてくるよ
これまで混じってたかも

えーと?



 「湯布院/由布院」

 どちらも間違いではありません。
 
 湯布院は昭和30年に由布院町と湯平町が合併して誕生した地名です。
 厳密にいうと、湯平町を含む場合は湯布院、含まない場合は由布院となります。
 例えば、高速道路のゆふいんインターチェンジは「湯布院」、
 JRのゆふいん駅は「由布院」という具合に表記が異なるというわけです。

 地元住民の間では湯布院と由布院の違いや経緯は解っていますが、
 時が流れるにつれ、湯布院と由布院をきっちり分けて考える地元住民は少なくなり、
 又、観光に訪れる人も、「駅は由布院、観光地は湯布院」
 くらいの感覚で捉えているようです。
 観光客の方にとって 「湯布院」という名は、
 地名というより観光地のブランド的なイメージが高いのでは、と思います。

 「ゆふいん観光サイト」より



うん
地名としては「由布」
温泉地の名前としては「湯布院」
という気がする
これまで気にしたことはなかったけど、確かに

湯布院でいこう










別府からの移動は、
やまなみハイウェイ(一般道)と
大分自動車道(高速)の、ふたつのルートがある

調べてみると、かかる時間はほぼ変わらない
まずは、やまなみハイウェイで行ってみることに
山越えをするルートだよ




山道らしいカーブの道で上っていくと


01_20151112165110059.jpg

由布岳!


辺りはあまり木の茂らない草原のようなところが多く
その先に、由布岳がそびえている
登山道の入り口があり、登っていくひとも見えた



そこから下りはじめたところに


02_20151112165112fc7.jpg

「狭霧台」

湯布院の街並が見えるよ
盆地なんだねえ



03_20151112165113733.jpg

気候によっては
その山に囲まれたところ(湯布院の街)が
霧で立ちこめたり、雲海が見えたりもするって

別府市内よりも、ずいぶん涼しい(寒い)よ






そこからは、ほどなく湯布院に到着
別府から湯布院って近いんだね
ちょこちょこ車を止めても、1時間もかからなかったよ



お宿のチェックインには、少し時間があるので
湯布院観光だ〜





04_20151112165115431.jpg

「金鱗湖」へ



05_201511121651303a6.jpg

庭園風の道を抜けていく
紅葉がはじまっているよ〜



06_2015111216513166b.jpg

金鱗湖!


というか

湖というより、池ぐらいの大きさだねえ
とか話していたんだけど


 「温泉の湧く湖で岳本の池ともいう。
  湖底から温泉が湧いているといわれ、水温が高いため
  寒い時期には湖面から霧が立ち上る幻想的な光景を見ることができる。
  紅葉スポットとしても人気。」


湖で池・・・
明確な区別はないのかな


そうか、この辺りが霧で有名なのは
(さっきの狭霧台で知ったんだけど (^^; )
源泉で地面が暖かくて、盆地で空気が冷えるからなんだね?



07_2015111216513330e.jpg

たしかに、紅葉がキレイだよ〜
あと半月ぐらいしたら、真っ赤になるかなあ









続いては
そこからすぐの、湯布院の中心「湯の坪街道」へ


そこは!
スイーツやオーガニック系のお店やオリジナルグッズのショップなどが並び
しかも、竹下通りか?!ってぐらい
観光客が道いっぱいにびっしりと歩いていて、びっくりした
特に彼は、すっごいなーと驚いていたよ
海外からの観光客もとっても多い(金鱗湖でも、席巻されていた〜)

箱根や草津などなどの「温泉街」の雰囲気は皆無で
軽井沢とかの、高原避暑地のメイン通りって感じだ
温泉まんじゅうなんてないしっ


08_20151112165134a2c.jpg

「スヌーピー茶屋」とかあったよ


とりあえず端まで歩き、折り返して
なんか食べようか、と

目について気になっていた

09_20151112165136503.jpg

「金賞からあげ」

唐揚げの串〜
塩味を選んだ



10_20151112165222d59.jpg

美味しいよー

衣の味付けが良い!サクサクで
鶏もジューシーだったよ

何の「金賞」なのかわからないんだけど (^^;)
店名みたいだぞ



11_20151112165224315.jpg

スティックタイプのチーズケーキも食べた
ちょこっとオヤツにはちょうどいいね

チーズケーキのお店がいくつかあったよ



12_20151112165225a72.jpg

ふと入った、瓶詰めのお店
お漬け物とか、ジャムなんかがたくさんあった


13_20151112165227ce1.jpg

彼の熱いリクエストで、瓶詰めの「焼き味噌」を買いました〜










では、そろそろ
今日のお宿へ向かおうか!


14_2015111216522865d.jpg

すぐ近くに見える、由布岳
いつの間にか、雲の笠をかぶってるぞ
これから、予報通り雨が降り出すかも








お宿までは
中心地から、数分ほど山方面へ上っていく



15_201511121652478dd.jpg

「ハーブガーデン」

ここに、本日のお宿がある
もとは「ハーブガーデン」だったところを
温泉と宿泊施設に改装されたものらしい



16_20151112165248427.jpg

日帰りもあるよ
大浴場は大きいらしいぞ





17_20151112165250300.jpg

それでは、チェックイン!



18_20151112165251ad6.jpg

本日のお宿
「小鳥のたより」でーーす



フロントのある「本館」と
何種類かの「離れ」があるよ

私たちのお部屋は、離れのひとつだ




19_201511121652533a8.jpg

斜面に並ぶ、3つの離れの棟「テラスハウス」
その中の、真ん中の棟に今日のお部屋があるよ




20_20151112165341e19.jpg

チェックインを済ませたら、離れへとご案内してくれる




21_201511121653422aa.jpg

本館の裏にあった「蒸し焼き」の釜

大分の温泉名物の「地獄蒸し」だ




22_20151112165343eda.jpg

旅館のひとが、その釜のひとつから
温泉卵(蒸し卵)を取り出した

楽しみにしていた、ウェルカムたまごだねー♪





23_20151112165345728.jpg

広い敷地を進む




24_20151112165346055.jpg

坂を上っていき、
左手前方には、小さな戸建ての離れがいくつか
右手が私たちの「テラスハウス」棟




25_20151112165406b87.jpg

テラスハウスへ




26_20151112165408b5f.jpg

ここからは、階段を上っていく




27_2015111216540984f.jpg

いちばん下の棟には3部屋




28_201511121654115f7.jpg

さらに階段を上る!

お宿のサイトには
「お年を召した方には本館をお勧めします」
みたいなことが書かれていたけど
たしかに、けっこうな坂と階段だ





29_20151112165412dd1.jpg

いちばん上の棟にも3部屋



真ん中の、私たちの棟には2部屋があるよ
横長のお部屋だね





30_20151112165446c16.jpg

各お部屋には、お花の名前がついてるよ
「ハーブガーデン」だもんね



私たちのお部屋は

「あざみ」







さてさて、お部屋と温泉、

どんなかな〜♪











〔2015夏休み・おんせん県大分 -4-〕へ











 
FC2*レシピブログ集


人気ブログランキング*おうちごはんブログ集

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村*おうちごはんブログ集


レシピブログ:ぷよりんごのレシピブック
ぷよりんごのレシピブック

クックパッド:ぷよりんごのキッチン
レシピエール*ぷよりんご のキッチン


COOKPAD in English*ぷよりんご's recipes



 
スポンサーサイト
 
2015-11-01 : 2015夏休み・おんせん県大分
Pagetop

〔2015夏休み・おんせん県大分 -2-〕 海浜砂湯と海地獄と別府冷麺「ひかり食堂」

2015-11-01 : 2015夏休み・おんせん県大分
02_2015111111414318f.jpg


11/1!

11月がはじまったけど夏休み中!

おんせん県2日目は
砂風呂に入りに行くよーーー















03_20151111114144a29.jpg

今回のレンタカー、スズキのスイフト
レンタカーはいつもこのサイズが多いよ

持ってきた iPod はつなげなかったので (ToT )
iPhone から Bluetooth でとばした
普段、iPhone で音楽を聴かないのであんまり入れてなかった~
彼の分もあったのでよかったけど
今後はばっちり入れておくようにしよう♪♪






04_20151111114146eb3.jpg

ホテルからまっすぐ、数分で到着

おお~ やってるぞ



05_20151111114147de5.jpg

「別府海浜砂湯」

市営の施設だよ

私は「蒸し湯」を楽しみにしており調べていたんだけど
彼が「砂風呂は?」と

砂風呂といえば、指宿!と思っていたんだけど
調べてみると、ここ別府にもいくつかあるようで
クチコミをみてこの「海浜砂湯」に決めたんだ

ホテルからもすぐだったので、まずはここから!




06_20151111114200c0a.jpg

ひとり 1,030円
(タオルは別で 320円、ロッカーは100円)

受付で支払い、「砂掛券」と番号札をもらう
順番がきたら番号を呼ばれるので、また受付へ行って
専用の浴衣をうけとって、更衣室で着替えて砂場へ――という段取り



08_20151111114230aa3.jpg

待っている間は、外に足湯もあるよ
目の前が海で眺めも良いので、多少待っても平気だ

私たちは、10時前には着いたんだけど、20分ほど待ったかな
その後どんどん混んできたよ
早めに来るのがおすすめだ



09_201511111142041ff.jpg

さて、はじまるよーーー



10_20151111114206256.jpg

砂場に寝転がると、
「砂かけさん」が慣れた手つきでスコップで砂をかけてくれる
足元や首元は、手で丁寧に、隙間がないように埋めてくれるよ

あったかーーーい ヽ(´Д`*)ノ

ていうか、
あつーーーい ヽ(´Д`;)ノ

下に、温泉の管を通しているんだって


砂の圧力で、手や足の先がバクバクと脈打つ
私は、胸辺りがけっこうくるしいかんじで呼吸も大きくなる
加圧トレーニングだ~ ちがうか~

肩こりなんかもなおっちゃうんだって




01_20151111114142d13.jpg

砂をかけ終わると、砂かけさんが
これまた慣れた手つきで、写真を撮ってくれるよ

デジカメと iPhone と両方お願いしたんだけど
躊躇なく、スムーズに操作して(全機種対応可なのかなーすごいー)
構図もいいのよ~
砂かけさん、超プロ!


海を見ながら、10分程

これ、晴れていたら絶景だなーー
今日は曇りで残念だけど、それでもこの景色はいいよーー


10分経ったら自力で砂から出て
シャワーで砂を流したらお風呂に入る

簡易的な小さいお風呂だけど
とーぜん、源泉かけ流しの温泉だーーー ヽ(´Д`*)ノ


きもちよかったーーー
多少の「重み」ってなんとなくリラックスするよね
そして、砂から出たときの爽快感と言ったらもう!

うん、たしかに身体が軽くなった感じ♪


海浜砂湯、おすすめーーー (´∀`*)b













さて、つづいては

山側へ少し上っていく

11_20151111114704b2b.jpg

「鉄輪温泉郷」

ここで
「地獄めぐり」をするよ~



12_20151111114705bc1.jpg

海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄
これが「別府八地獄」

ぜんぶを回るのは時間もないので
気になるところに絞ろうということで



16_20151111114725e9f.jpg

まずは、「海地獄」へ


庭園のような感じ?
でも、奥にモクモクが見えてるぞ



17_20151111114726664.jpg

睡蓮がキレイな池があるよ

温泉熱を利用して栽培される、熱帯性の睡蓮なんだって

そして、その先には



13_20151111114707430.jpg

おおおっ ヽ(゚Д゚*)ノ



14_20151111114708dd1.jpg

あおーーーーーっ!!!

なんともキレイな、コバルトブルーだよ


ええーっ ホントに?
底を青く塗ってるとかじゃなくて?(ないない ヽ( ̄▽ ̄;) )

温泉の成分中に硫酸鉄が溶解しているため、なんだって



15_20151111114710c7a.jpg

岩の隙間から、勢いよく噴出しているよ
間欠泉?


ひっきりなしにモクモク
風で湯けむりが揺れる合い間から、あおーい源泉が見える

ううーーん、こりゃたしかに、すごいねえ



18_20151111114728313.jpg

足湯に入ってみよう



19_201511111147293cf.jpg

熱いー!!

この源泉は、色のイメージとは逆な、98℃
みんな、熱い熱いと足を真っ赤にしながらつかってるよ

(・・・どーでもいいけど、彼のほうが足首細いぞ (Т▽Т) )









さて、今日の地獄はここまで

ひとつしかみてないけど、
この海地獄がいちばん広くて良いらしい

明日また、ほかのところへもね







このあと、移動になるんだけど
そのまえに、ここらでお昼ごはんにしようということに

昨夜食べそこなった、別府冷麺だ!!


ここから近いところで検索してみると
(知らない土地でも困らずさくさくって、スゴイ世の中になったわねえ)
いい感じの大衆食堂をみつけたので、行ってみる



21_201511111151561d9.jpg

「ひかり食堂」

おおお、理想的♪



22_20151111115157a7f.jpg

中には、大きなテーブルがひとつ
昔ながらの感じ
私たちがいちばん客かな



23_20151111115159645.jpg

冷麺と、とり天もオーダー!

大分といえば、とり天だよね
これも食べなくちゃと思っていたんだ~



24_2015111111520068d.jpg

とり天

衣がサックサク!
フリッターって感じだ

酢醤油で食べるよ
マヨつけたい気がするけど(それじゃチキン南蛮ぽくなっちゃうかー)



25_20151111115202266.jpg

冷麺

おーいしーーーー ヽ(゚Д゚*)ノ


スープを凍らせたシャリシャリの氷が入ってる!
やさしい味だ
お出汁がよくきいてるよ

麺は、冷麺らしくしっかりと弾力があって
固すぎずやわらかすぎず
キムチも酸っぱすぎず、美味しいよ


これは、大当たりだったよ
昨夜冷麺を食べなくてよかった ( ̄▽ ̄)v

近くにあったら、ぜったい通っちゃうよお


あとで調べると、なにげに有名店らしいぞ
やっぱりそうか~






26_20151111115219ae8.jpg

「ひかり食堂」のある「湯けむり通り」から
脇の小道を歩くと

ところどころから、モクモク

じゃんじゃん噴出してるんだねえ

顔を近づければ、硫黄の匂いはするけど
これだけモクモクな割には、
それほどにおいが立ち込めているわけでもないよ



27_20151111115221c9e.jpg

「温泉冷却装置」

こんなのも、急に無造作に設置されている



28_201511111152225d0.jpg

竹の間を通して、冷ますんだねえ

ここの源泉、熱いもんねえ



29_20151111115224db2.jpg

そして、点在している共同浴場!

いわゆる「外湯めぐり」の小さい温泉なのかな?
草津や渋温泉でめぐったそれとは、ちょっと違う感じかな?

しかし、この渋さ!
気にはなるんだけど、今回はその余裕はないスケジュールなので
また、いつか!








それでは


湯布院へと移動です ヽ(*゚∀゚)人(゚∀゚*)ノ









〔2015夏休み・おんせん県大分 -3-〕 へ



















FC2*レシピブログ集


人気ブログランキング*おうちごはんブログ集

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村*おうちごはんブログ集


レシピブログ:ぷよりんごのレシピブック
ぷよりんごのレシピブック

クックパッド:ぷよりんごのキッチン
レシピエール*ぷよりんご のキッチン


COOKPAD in English*ぷよりんご's recipes



   
2015-11-01 : 2015夏休み・おんせん県大分
Pagetop

〔2015夏休み・おんせん県大分 -1-〕 別府温泉・別府富士観ホテル

2015-11-01 : 2015夏休み・おんせん県大分
05_20151104160147d2c.jpg


「おんせん県」!!








大分県

別府の温泉郷や湯布院など
365日が温泉まつりの理想郷!

温泉を何よりも愛する私たち、
やっとめぐってきた今年の夏休み
(って、もう10月も終わり、11月になるけどー)
今年はおんせん県へと行きまーす



彼は、高校時代に野球部の遠征で行ったことがあると
私は、むかーし仕事で、車での移動中に
大分県をかすめ通ったことがあったよな、ぐらい

温泉話をするたびに、
別府、湯布院に行かなきゃだよねーって言っていたんだ
待望の大分温泉旅行、3泊4日だよ〜










さて

000_20151104160120eb3.jpg

今回は、新宿から羽田までリムジンバスで行ってみようと

バスは時間が読めないので
羽田からの帰りにはよくつかうんだけど(バスの方が楽だからさ)
往きにつかうのは初めてだよ
首都高の山手トンネルができたから、早いはず!と
今日は時間にも余裕があるので挑戦〜


所要時間は「35分」とされていたけど
20分もかからずに到着!
山手トンネル、すごい
なかった頃は、混んでいると1時間半以上かかったりしたんだよ





羽田でのお昼ごはんは
景気付けにと、回転寿しをいつもの倍ぐらい平らげ

続いて定番、飛行機好きの彼が愛する
お決まりの「星屑のステージ」展望スペースへ



すると
柵に沿って、ものすごい、ひとだかり!!

なになに?
とのぞいてみると


01_2015110416012154d.jpg

「R2D2」ジェット!!

「STAR WARS」の飛行機だ〜

「STAR WARS」ファンと飛行機撮りファンで
埋め尽くされていた訳なのね


残念ながら、乗るのはこれじゃない〜





02_20151104160123bf3.jpg

出発〜
初の大分空港へ!!



03_20151104160124eea.jpg

飛行機からのお楽しみ「富士山」

なんと、思いっきり真上の航路!
あらら〜左端に宝永山の火口が見えてるんだけど
・・・見えてないよね



04_20151104160126c8f.jpg

着きました
おんせん県、大分

温泉の湧出量と源泉数が
日本一!
なんだって





空港からレンタカーに乗って、別府へ

飛行機の時間が、既に夕方だったので
もう夜になる〜

なので、本日のお宿は特にこだわらず
食事は朝食だけ、
温泉があればOKで決めた
(ここには、どのお宿にもあるのかな)




06_20151104160148414.jpg

ここでーす
(ぼやけてる〜)



07_20151104160149830.jpg

「別府富士観ホテル」

別府湾に面しているよ



お部屋は「ホテルにおまかせ」の予約
洋室らしいぞ



08_201511041601514de.jpg

ふむ
昔ながらの観光ホテル、という感じ
広さは、まあ十分でしょう



09_20151104160152421.jpg

テーブルと、昔ソファ的な椅子!
彼は「雀荘っぽい!」と
でも、座り心地はいいよ



41_20151104163753363.jpg

超・昭和感あふれる花柄ポット〜
とにかく「昔ながらの観光ホテル」だよ



43_201511041637563c4.jpg

そして、三面鏡の鏡台!

私は「個別ドレッサー」派なので好感大だ(昔のひとなのか)

角部屋で、2面に3つの窓があるよ


古いホテルだけど清潔に保たれているよ
高級ホテルや今どきの素敵旅館も好きだけど
こういう感じも、キライじゃないです





早速、お風呂へ行ってみよう
内湯と屋上露天、大浴場は2カ所あるよ

まずは内湯へ


11_201511041603281e5.jpg

岩風呂だ



12_201511041603305df.jpg

私ひとりだけだ〜
夜ごはんの時間だからかな



13_20151104160331878.jpg

大きな岩風呂がひとつ

上へ上がる階段があったけど、閉鎖されていた
以前はそこに露天とかがあったのでは?

小さめの湯船らしきものも、ひとつ埋められていた
たぶん、屋上の露天ができたからなんだろうな



14_201511041603333df.jpg

無色透明、においもあんまりない
でも、硫黄の白い跡もしっかり!
そっこー温まる、まちがいのない温泉だ



15_20151104160407e8e.jpg

ふーーーー♪

まずは、今回、第1回目の温泉を堪能








では、夜ごはん
フロントで焼肉屋さんを教えてもらったのだ

近くに何軒かあった中から


16_20151104160409867.jpg

「亜李蘭」へ!


どこへ行こうとも、ラーメン好きな私たち
今回も「大分のラーメン」を検索してみると
出てきたのは

「別府冷麺」!!

じゃ、まずは焼肉やさんで別府冷麺を食べようと決めていたの



17_201511041604105a0.jpg

大分地鶏のたたきで乾杯〜


あとは、焼肉定番


18_20151104160412618.jpg

タン



21_20151104160413cfd.jpg

大分は「かぼす」だって♪



20_20151104160523069.jpg

カルビ、マルチョウ、ハラミ



22_201511041605240d3.jpg

テールスープ〜



19_2015110416052241c.jpg

サラダバーがあったので、お願いした

ら!

ついつい、サラダバーをがんがん食べてしまい
おなか、ちょーーーいっぱいに!!



サラダバーについている
デザートもたらふく食べて

終了〜



23_20151104160526ae2.jpg

外に、でっかく「別府冷麺」と出ていたのに
食べられませんでしたーーーー (ToT )

お調子もんすぎ〜



ま、明日以降、どこかで食べられるでしょう









24_2015110416052761c.jpg

お部屋からの夜景



25_20151104160611f13.jpg

「別府タワー」ってのが近くにあったよ






ひと息ついたら


26_2015110416061253e.jpg

屋上の「展望露天風呂」へ



30_201511041606158d1.jpg
(ホテルHPより)

内風呂と


31_20151104160617bbd.jpg
(ホテルHPより)

露天風呂〜
女湯は、山側風景

いいねええ

街中でも、星もみえたよ
西側なので、沈む直前の織姫と彦星も







28_20151104160614d6e.jpg

お部屋に戻り、
すぐ近くのスーパー(徒歩圏内にいくつかあるよ)で買ってきた
ビールと缶チューハイで乾杯し

やっとやっとの夏休みの
ふかーーい眠りにつきました













***



朝!!


旅先での私は、早起き!



40_20151104163753154.jpg

別府湾は日の出直前

明けの明星・金星が光ってるよ







まずは
屋上露天へ!!


32_2015110416072058a.jpg
(ホテルHPより)

男湯女湯の入れ替えはなかった
(めずらしいよね)

山側〜




朝食は、バイキングだ


44_2015110416382565a.jpg

好物をひととおり、モリモリ♪



45_20151104163826285.jpg

「別府名物」的なものは、なかったかな
まあ、だいたいこういう感じだね!という品揃え



46_20151104163828f6c.jpg

「昔ながらの観光ホテルの朝食会場」にて
ここちよく、ごちそうさまです♪





47_201511041638291b3.jpg

さて、陽も上ってきたよ
今日はちょいと、曇りがちかなあ

こちらはお部屋の別府湾側の窓から



42_201511041637558a6.jpg

山側の窓からは


あ!!

モクモク!!!

あれは「良い温泉地」の証!!




今日は、あちらの方へ向かうんだ



そう、なんたって


48_201511041638317e3.jpg

「地獄めぐり」

なんだもんねー!!








さて!









〔2015夏休み・おんせん県大分 -2-〕へ















FC2*レシピブログ集


人気ブログランキング*おうちごはんブログ集

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村*おうちごはんブログ集


レシピブログ:ぷよりんごのレシピブック
ぷよりんごのレシピブック

クックパッド:ぷよりんごのキッチン
レシピエール*ぷよりんご のキッチン


COOKPAD in English*ぷよりんご's recipes



   
2015-11-01 : 2015夏休み・おんせん県大分
Pagetop
ホーム

profile

 ぷよりんご

Author: ぷよりんご

気ままな日々を送るうちに
すっかり確立したへなちょこ生活

積年の自炊ゼロからついに料理に目覚めるも
腕もセンスも驚きのへなちょこぶり
それでも毎日へなちょこなごはん「へな定」を
試行錯誤と思いつきで作成中

まったりふたり暮らし
美しく暮らす友人やブロガーさんたちの
憧れの「おしゃれな素敵生活」を鑑賞しつつ
へなちょこ生活を楽しんでいます

料理サイトや人気ブログのレシピに挑戦したり
時折へなちょこですが簡単レシピもUP
旅と温泉も

since May 2013


おすすめブログ

search

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive